連結会計用語集

投資と資本の相殺消去
連結財務諸表を作成する場合には、まず親会社の財務諸表とグループ内子会社の財務諸表を単純合算する。
単純合算後の財務諸表上では、子会社株式と資本が両建てで計上されているが、その際、親会社の子会社に対する投資(子会社株式)とこれに対応する子会社の資本の勘定は、企業グループ全体の観点からみれば、単なる「企業グループの内部における資金の移動」に過ぎないため、子会社株式と資本を相殺消去する必要がある。
これを投資と資本の相殺消去という。
 …… (資本金)XX (子会社株式)XX
インデックスに戻る
【関連用語】

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.