連結会計用語集

棚卸未実現
連結グループ内の会社間における取引によって購入した棚卸資産に利益が付加されていた場合、その利益はグループ内部のみで計上されたものであるため、未実現の利益となる。
期末時点でこのような棚卸資産を保有していた場合、その未実現利益は全て消去する必要がある。具体的には次のような未実現利益の消去仕訳によって売却時の利益を消去すると共に、棚卸資産を減額する。
 …… (売上原価)XX (棚卸資産)XX
なお、当該棚卸資産をグループ外部の企業に売却した際は未実現利益が実現することになり、未実現利益の消去仕訳の振り戻しを行う。
インデックスに戻る
【関連用語】

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.