連結会計用語集

資産負債法
資産負債法とは、会計上と税務上の資産・負債の金額との間に差異があり、回収や決済等により当該差異が解消されることで税金を減額又は増額させる効果がある場合に、当該差異(一時差異)の発生年度に、それに対する繰延税金資産または繰延税金負債を計上する方法である。
適用される税率は、一時差異が解消する将来の年度に適用される税率である。
インデックスに戻る
【関連用語】
繰延法

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.