連結会計用語集

キャッシュ・フロー:直接法
『営業活動によるキャッシュ・フロー』の表示方法としては、直接法と間接法の2つがあり、選択適用が認められている。
直接法は、営業収入、原材料または商品の仕入支出、人件費支出、その他の営業支出等、主要な取引ごとにキャッシュ・フローを総額表示する方法をいう。
間接法に比べ、作成に手間がかかるという短所も見られるが、主要な取引ごとのキャッシュ・フローが端的に表示されるため、わかりやすいといった長所もある。
インデックスに戻る
【関連用語】
キャッシュ・フロー:間接法

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.