連結会計用語集

負ののれん
親会社の子会社に対する投資(子会社株式)とこれに対応する子会社の資本の勘定は、これを相殺消去する必要があるが、このとき投資と資本が同額になっているとは限らず、親会社が子会社株式を子会社の資本よりも高い価額で取得したり、逆に低い価額で取得することもあり得る。
低い価額で取得する場合には、期待した利益が見込めないもしくは損失が見込まれるために、その対価として低い価額を払ったものと考えられる。
そこで、上記のような差額が生じた場合に、「負ののれん」として処理し、連結貸借対照表には計上せず、全額を特別利益として連結損益計算書に計上する。
 …… (負ののれん)XX (負ののれん発生益)XX
インデックスに戻る
【関連用語】
のれん

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.